I Love FX
    キャッシング
    --------(--)

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    2010-10-12(Tue)

    XAMPP FileZilla Serverの設定(基本)

    FileZilla Server(フリーのFTPサーバ)の設定

    XAMPPサーバ・セットのメンバーである"FileZilla Server"のインストール後に行う基本設定として、FTPユーザの登録(設定)し、接続権限や接続許否の制限などを行ないます。

    (FTPサーバ自身の設定も可能なのですが、通常の場合は初期設定のままで問題ありませんので、FTPサーバの理解が進んだ後に必要であれば設定を見直せば良いと考えます。)

    そして上記で設定した複数のユーザに対して同一のフォルダの接続を許可したい場合には、そのようなユーザを同一のユーザグループとして扱う事により設定を簡潔化することができます。

    ユーザグループの設定は、ユーザ設定に先立ち実行するのが望ましいのですが、ユーザ登録の後でも設定可能です。

    FileZilla Server(FTPサーバ)に接続を許すFTPユーザの登録は、以下の手順で行ないます。

    1. ユーザ編集ウィンドウを開く。
    2. FileZilla Server(FTPサーバ)に接続を許すFTPユーザを登録。
    3. ユーザアカウントの設定。
    4. FTPユーザに接続を許すフォルダを設定。
     ・FTPユーザがフォルダ(ディレクトリ)/ファイルの接続出来る権限(読み込み/書き込み/削除/追加)を設定。
    5. FTPユーザがダウンロード/アップロードする速度を設定。
    6. FTPユーザが所属するネットワーク(IPアドレス)の接続許可/拒否の設定。


    以下、操作手順を説明します。

    (注)マウス操作に関する表記方法について、以下のように略します。
          ・マウス左ボタンをクリックする == > クリックする。
          ・マウス右ボタンをクリックする == > 右クリックする。



    Ⅰ. ユーザの設定

    1. ユーザ編集ウインドウを開く
     FileZilla Serverの管理ウィンドウのメニューバーから「編集」・「ユーザ」を選択します。

    FTPユーザの設定

    2. ユーザの追加
     (1) ユーザ欄の、「追加(A)」のクリック

    FTPユーザの追加
     
     (2) ユーザアカウントを追加
     上記の操作により、「ユーザアカウントを追加」ウインドウが開きますので、追加するユーザアカウント名を入力します。

     FTPユーザアカウントを追加

     もしグループが登録して有れば、▼をクリックし現れるプルダウンリストより選択することができます。


    3.ユーザアカウントの設定
     以下、アカウント設定・最大コネクション数/IP毎のコネクション制限数・ユーザーログイン時にSSLを必須にする・・の設定を行ないます。

    FTPユーザアカウントの設定

     (1) アカウント設定

     「アカウントを有効にする(E)」にチェックを入れます。
     パスワードを設定する場合は、「パスワード(P)」にチェックを入れ、パスワードを入力します。

    (グループの設定がある場合は、上記「ユーザアカウントを追加」で設定を忘れても「グループメンバーシップ(G)」のプルダウンリストから選択し設定することができます。)

     (2) 最大コネクション数/IP毎のコネクション制限数

     制限なしの場合は、0を入力します。(初期設定)

     ここで制限を行った場合、制限を一時解除したい場合は、「サーバのユーザ制限を解除(B)」にチェックを入れることで解除できます。

     (3) ユーザーログイン時にSSLを必須にする

     SSL方式を使ってログインID・パスワードの暗号化を行ないます。


    4. 共有フォルダの設定
    それぞれのユーザに接続を許すサーバ上のフォルダと接続権限を設定します。
    設定は以下の手銃で行ないます。
     (1) ユーザの選択
     (2) フォルダの選択
     (3) 接続権限の設定


    (1) ユーザの選択
     ユーザの欄から共有フォルダを設定するユーザを選択します。

    FTP共有フォルダの設定  

    (2) フォルダの選択
      上記で共有フォルダ欄下の「追加」をクリックし、「フォルダの参照」ウインドウを開き共有フォルダを指定します。

    FTPフォルダの選択  

    (3) 接続権限の設定
    ユーザごとの共有フォルダに接続する権限を設定します。

    FTPフォルダの選択と権限設定
     
    なお「Home Dirに設定」ボタンをクリックすると、当該ユーザに対し設定フォルダをトップ・ディレクトリとして見せることができます。


    5. ダウンロード/アップロード速度制限
     ユーザによって速度制限を行う場合に設定します。

    FTPダウンロード/アップロード速度制限


    6. IPアドレスによる接続許可/許否の設定
     セキュリティを高めるために特定のIPアドレス以外は接続を許可しない場合に設定します。

    「下記のアドレスはサーバへの接続を許可しません」に接続を拒否したいユーザのIPアドレスを設定します。

    FTP_IPアドレスによる接続許可/許否の設定  

    (注意)正当な使用方法としては、「下記のアドレスはサーバへの接続を許可しません」で全てのユーザ(IPアドレス:*.*.*.*)を登録し、「不許可IPリストに・・(略)・・」に接続を許可するユーザのIPアドレスを入力するのですが、多くの人がインターネットプロバイダからDHCPにより動的にIPアドレスが割り当てられている現状では、このような設定は困難です。

    Ⅱ. グループの設定
    グループが必要な場合に設定します。設定方法・手順はユーザ登録とほぼ同じです。

    登録順序としては、グループ設定後にユーザ登録を行った方が操作回数が少なくて済むのですが、ユーザ登録後にグループ設定を行った場合には、上記「2. ユーザアカウントの設定」・「(1) アカウント設定」で、ユーザ毎に「グループメンバーシップ(G)」を設定します。

    1. グループ編集ウインドウを開く
    FileZilla Server の管理ウィンドウのメニューバーから「編集」・「グループ」を選択する。

    グループ操作の選択


    2. グループの追加
    グ ループ欄で「追加(A)」をクリック

    FTPグループの追加

    ・すると以下のダイアログボックスが現れるので、追加するユーザグループ名を入力し「OK」をクリック。

    FTPユーザグループの追加

    以上でグループの登録が完了

    設定内容はユーザ登録と同じで、対象がユーザに対しグループと異なるだけですので、以下の操作手順の説明を省略します。

    以上で、FTPクライアントからFileZilla Serverに接続できない場合は、ファイヤーウォールを疑ってください。ポート番号は初期設定では管理者が14147、一般ユーザーは21となっていますので、手動でファイヤーウォールの例外(接続許可)処理を行って下さい。

    ↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
    素晴らしい すごい とても良い 良い
    関連記事

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    コメント

    最新記事
    カテゴリ
    応援クリック
    お役に立てました? クリックしてね。
    人気ブログランキングへ にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ
    にほんブログ村

    FC2Blog Ranking

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    お知らせ
    0円/100円 PCはいかが?



    サイドビジネスはいかが?

    太り気味なあなたに!

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    FC2サービス
    ログ ホームページ
    お勧めお小遣い稼ぎサイト
    マクロミルへ登録
    5百-千円/月稼げます。
    討論会参加で3万円も

    ここから申し込むと
    250p貰えます
    無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱
    Pt獲得チャンス多い

    Pt獲得チャンス多い
    MicroAd
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。